ガリガリ脱却!器具なし!どこでもできる必ず腕がデカくなる上腕三頭筋の筋トレ!

筋トレ
An image of a bearded muscular man

腕を太くしたい。
そこに理由はいりません。

 

カッコ良くなりたい。強くなりたい。
そういった思いは生物として生き残るための本能です。

 

私自身、小さい頃はガリガリに痩せていたので
身体を大きくしたい人の気持ちは痛いほどわかります。

 

今回は、腕をデカくするために欠かせない、
器具も必要なくどこでもできる
上腕三頭筋の筋トレ方法をご紹介いたします。

 

上腕三頭筋を鍛えるメリット

上腕三頭筋は
上腕二頭筋(力こぶ)の裏側の筋肉です。
腕を伸ばしたり押したりするときに力を使います。

 

なぜ上腕三頭筋を鍛えた方が良いかというと
腕の筋肉の面積は、
上腕二頭筋よりも上腕三頭筋の方が大きいからです。

 

上腕三頭筋が発達することによって
腕が太くなり力こぶがより分厚く見えるようになります。


ダイヤモンドプッシュアップ

これは写真のように手幅を狭くして行う腕立て伏せです。

 

胸の前で、両手でダイアモンドのような
三角形の形を作り腕立て伏せを行います。

 

身体を下ろすときに肘を
真横に張り出すやり方と、肘を閉じた状態の2つありますが、

どちらも
上腕三頭筋に強烈な刺激が入ります。

 

バーベルやダンベルを用いた
上腕三頭筋の筋トレ種目はたくさんありますが、

 

このダイヤモンドプッシュアップは
器具を用いた筋トレに全く引けを取らない高い強度のトレーニングです。

 

いきなり床で行うと
顔面を地面に強打する人もいますので結構危険です。

 

慣れない最初のうちは膝をついて行ったり、
↑写真のように高い位置からチャレンジしてみましょう。

 

この筋トレのメニューは
通常の腕立て伏せと組み合わせて行うと良いです。

 

腕立て伏せで
2セットほどウォーミングアップを行い、

ダイヤモンドプッシュアップで
3セットほど追い込みましょう。

 

1セットあたりの回数は
自身のできる限界まで行いましょう。

 

自重トレーニングの中でも
かなりの強度のトレーニングになるので
ケガだけは気をつけてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました